FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年 年末ジャンボ宝くじ 合同購入

DSC_1392_convert_20161212194535.jpg
2016年12月10日 本人前日に風邪にて会社を休んでいるにも関わらず、やって参りました。西銀座チャンスセンターです。
前回の反省より、午前中に家を出て、気温は11℃ 登山用のダウンジャケット、暇つぶしの本を用意して準備万端です。
今回の軍資金は13万2千円 440枚 21人分の魂(情念?)がタップリ込められております。
但し嫁さんはいいかげんに愛想を尽かしたのか、この由緒あるイベントには不参加です。
もう当選してもビタ一文渡すつもりはありません。

さて、早くも宝くじを購入する前から一悶着あったみたいですが、今回は7番窓口にしてみました。
DSC_1393_convert_20161212195631.jpg
これでも風邪っぴきには相当堪えました。警備員さん曰く「7番は1時間待ちです~ほかの窓口ならスグ買えますよ~」
との事でしたが、私くらいの宝くじバイヤーになると独特の嗅覚が働き、今回は7番にしました。
別に、恒例の1番窓口が3時間くらい並ぶ上に、並んでいる間ずっと○翼の「今の現代人は、金銭欲にまみれており、云々~」と演説を、金銭欲の権化と化している宝くじバイヤーとしては耳が痛い限りの内容を寒空の下3時間も聞いていたら、
きっと泣いちゃうからではありません。 ラッキー7です。
それでも1番窓口に並んでいる人は、寒空の下(高架下なので太陽が陰っている)右○の話を3時間聞くのが大好きな人か、生粋のドMなのだと思います。
DSC_1401_convert_20161212201457.jpg DSC_1402_convert_20161212201742.jpg
この黄色い袋が、宝くじの聖地 西銀座チャンスセンターにて200枚以上の宝くじを購入した猛者に与えられる紙袋です。
なんと銀座に来ておいて、宝くじを購入しただけで銀ブラなどせずすぐ家に帰りました。
まさに孤高の宝くじバイヤーです。1番でも7番でも心が折れたら負けです。

第17回CECC 富士五湖周回 2016.8.6

-2-.jpg
今回は初の輪行をしてみようと、弊社I氏に上記のようなものをこさえてもらって、車内に自転車をタテで積めるようにしてみました。
自転車の前輪をはずして画像にあるクイックリリースにくっつけて搬送します。さすがI氏といったところなのですが、今回のスタート地点である山中湖までは、高速道路をつかわずに道志道という、急勾配急カーブの続く道で、カーブで自転車に横Gがかかると、Gのかかり具合によっては、自転車が車内で倒れるといった発案者側のミスが目立つ逸品です。何度か車外に降りて自転車の位置を戻してとやっている内に山中湖の無料駐車場に到着しました。
DSC_1104-1.jpg
7:30に相模原市を出発して9:40頃到着しました。今回は 山中湖 → 河口湖 → 西湖 → 精進湖 → 本栖湖 と湖を左手に見ながらのツーリングで、最後に余力があれば忍野八海も見学するという総走行距離110㎞のルートです。雨男さんがいなかったせいか、天気は快晴 気温35℃と、ほんのり死亡フラグが出ている陽気です。
走る直前のイメージは「湖だから平坦でしょ」でした。
DSC_1105-1-.jpg
事実山中湖のスタート直後は、サイクリングロードが設置されており、大変走りやすい道でした。(たまたま野音楽祭があったみたいで迂回させられましたが) しかし後の4湖は一般車にもまれてのツーリングでした。
山中湖から河口湖までは10㎞程クルマの交通量の多い138号線を通過します。 慢性的に渋滞しているみたいで、「おっそいな」と言いつつすり抜けていると、ある事に気づきました。こうもクルマを抜くことが出来るという事は、坂道を下っているのです。つまり帰りはこの渋滞まみれの道を10㎞ちかく登らなければならないのです。どうせ下りなら少しでもスピードを出して時間を稼ぎたいところなのですが、それも渋滞が邪魔をして出来ない状態でした。「下り坂の無駄遣いだ・・」
「もう下らなくていいよ」と思いつつどんどん下って、本日の昼食場所につきました。
yjimageMBG655J2.jpg yjimageCN1HC8LI.jpg
11:30オープンのところ11:29に到着するという、一部の乱れも無いタイムスケジュールでした。さぞ普段のタイムスケジュール管理の出来ている営業さんなのですね。
田舎風牛タンシチューというものが有名みたいなので、頂きました。CECCの時はダイエットの事は不問です。牛タンすごくおいしかったです。(けっこうボリュームありました)
DSC_1114.jpg
河口湖 → 西湖 → 精進湖と来ました。ここで休憩を入れます。汗が流れちゃ乾いてなので、肌は塩でジャリジャリです。Aガタ氏は顔が真っ赤に焼けております。自転車で走っている最中何を考えているかという話題になり、私は小心者なので、「帰りの登り道はキツそう」と凡人な話でしたが、Aガタ氏は何故か「熊に襲われたらどうしようか」というアニマルな感じでした。(しかもこの話題が帰りの車内までひっぱる)人の数だけ考えはあります。

DSC_1118.jpgDSC_1115.jpg
今回のツーリングの折り返し地点である、本栖湖まで来ました。私も本栖湖には一度も訪れた事はないのですが、一応下調べで千円札の絵柄のモチーフになっている景観がある事は知っており、「ここは千円札の富士山の絵柄のモチーフになった所なのだよ」とAガタ氏にウンチクを語りましたが、「いやいや五千円札ですよ、ほんとテキトーな生き物ですね」と看板を指差しながら私をDisってきました。鹿の事といい本来であれば引っ叩いてでも自分の主張を通すべきでしたが、テキトーな生き物というのも事実なので、「あれー五千円札だったっけか?」と心中穏やかではなかったのですがお金を取り出すほど元気でもなかったのでその場は流しました。
DSC_1125.jpgDSC_1125-1-.jpg
その問題の景観の場所へ着き(結構な登りだった)では写真でもとるかと、五千円札を出したところ富士山なぞ描かれておらず、やはり千円札に件の絵が描かれていたのです。 私と同じように心中穏やかならぬものを抱えながらこの富士を見た人でしょうか、五千円の五の字が消されています。さぞ無念だったのでしょう。 富士山も曇っていて見えませんでした。
本人笑っている様に見えますが、心中穏やかならぬものを抱えておりますよ。
DSC_1129.jpg
そんな中年の薄暗い情念はともかく、意外と大きかった本栖湖 → 帰りはショートカットの精進湖 → 小さい西湖 → 河口湖と来て、懸念していた登り坂です。Aガタ氏はベトナムの古傷がまた開いたと言っております。幸い歩道は歩いている人がいなかったので歩道をひたすら登り、忍野八海は今回は無しで、山中湖に到着しました。
DSC_1134.jpg DSC_1135.jpg
ここへ来てようやくおぼろげながら富士山が見えました。五千円だ千円だと、小さい事に拘ってはいけないと富士山に言われているようでした。


第17回CECCに向けて 富士五湖自転車ツアー

DSC_1096.jpg DSC_1097.jpg

総走行距離 110㎞
体重も減ったし、いっちょ自転車でもやりますかという事で今回初の輪行をして、富士五湖周回自転車ツアーを計画しました。
あと一つは何湖だっけ程度の土地勘です。
バーテープがヨレてきたので、心機一転赤くしてみました。またハンドル右側にバックミラーをつけました。
このバックミラーは小さいですけど、結構な優れもので、今までだと背後の状況を知りたい時は前傾姿勢の状態で振り向くという
結構しんどい体勢だったのですが、このバックミラーは曲面になっているみたいで結構広範囲を目線だけで背後の事がわかるので、「いままで何故つけていなかったのだろう」という感じです。

体重を減らして一番恩恵があったのはこの自転車です。
暖かくなりだして4月頃から通勤に使いはじめました。大概ブランク明けの自転車は、その日の朝礼がままならないほど酷い
有様なのですが、(話の内容は相変わらずですが)今回はそうでありません。現在(7月)まで自転車通勤を継続しておりますが、
自宅から会社まで14㎞でデブ期は45分 現在は30分を切るペースで走っております。
そう言われれば、パンクしてないです。

所謂ローディと(自称も含む)呼ばれる人達は、自転車のホイールなんかの重量をグラム単位で削るためならば、数十万円の出費を厭わない人達ですが、先ずはお前の軽量化をしろといったところです。反省しています。

ロカボダイエットやってみました -2-

DSC_1104.jpg

ショッキングな結果を1月20日に受けてから約半年、
92.0キロ → 71.2キロ と約20キロ減量しました

3.jpg

また懸念されていた、中性脂肪は194→66 総コレステロールは 253 → 172 尿酸は 9.3 → 4.5 となっておりました。
2月初頭から先ず食事を前述の通りに制限したところ、だいたい5キロ/月のペースで体重が落ちていきました。
そして4月ぐらいから良い気候になってきたので、自転車通勤をやりつつ、食事制限を続けて現在7月に至ります。

「リバウンド」
常にその言葉に怯えております。
仕事柄、高速道路を使うのですがサービスエリアの魅力的な炭水化物の多さといったら何なのでしょうか?
眠くなってしまったり尿意などで、仕方なくSAに立ち寄ると、おそるべし魅力的な炭水化物店ばかり。
泣きながら車内にもどり、机の引き出しから持ってきているカロリーメイトをかじっております。
でもこのカロリーメイト ずっと続けないとダメなのか・・・・ 禁煙 禁酒 を断念してしまうのもその辺の恐怖にありそうな気がします。
お酒やタバコと違って食事は全く絶ってしまうと生きてゆけません。

先日、弊社社長に昼食をご馳走になる機会がありました。丁度その日は自転車で通勤していたのもあり、昼食時になると
それは飢えた獣のような食欲でございました。どうも社長は私のダイエットを阻止する事に御執心の様子で
相模原市のハンバーグで賞をとったことがあるというお店で、そこへ行こうという事になりました。
あまりにも美味すぎて不覚にも涙が出てしまいました。
ランチタイムは、ご飯がお替り自由というシステムでご飯を取りに行ったのですが、自分の皿にご飯を盛っている姿がガラスに映ったとき泣いているのに気がつきました。

これは単に昼飯が旨くて涙を流している、不思議少女系の中年の話ではありません。

いままで、飯はこれほど美味かった結果、食事を過大に摂取してしまいメタボになったのであればメタボのままである意味当然だと思います。 食事で毎回これほどまでに涙が出るほど感激できるのならば、自転車を売ってこの飯を食べるべきです。
この飯を摂取する事を人生の目的にした方が良いでしょう。

次の日に同じ店でこのハンバーグを食べても(相当美味いでしょうけど)その時ほどの感動は多分無いと思います。

ダイエットをして何より感じたのが、食事に対する感謝でした。あのカロリーメイトですら、空腹時は美味しく感じます。
デブ期は毎回の食事を何だか雑に食べていた様な気がします。
飯を美味しく頂くのではなく、雑に摂取するようになった時がリバウンドの始まりなのかと思います。

ロカボダイエット やってみました

身長178㎝ 体重が92kg
文句無く「メタボ野郎」となってしまい、「肉は食えるみたいだしラクそう」という理由でロカボダイエットで頑張る事になりました。
実は通勤に自転車にのったりしたのですが、ゆるーい坂道が登れなかったり、翌日体調くずしたりと、もはや人の形をした肉塊みたいな様相を呈しております。
食事で体重を減らす → 軽量化したら自転車を漕ぐ → 73.5kg達成 (人間ドックで言われた適正体重)
と勇ましく目標もたてました。

朝は
yjimage1V6BBJ0W.jpgf67031ed8caeff4a4f2f9ce5350b9cc5[1]
サイリウムコーンフレークと豆乳です。 豆乳は牛乳よりは糖質が少ないという事で選びました。
実は昨日の残りなどと言って、カレーなんか朝あると、丼でいってしまったりしていたので、お通じもよくなるっぽいのでこのセットにしました。1月から半年間は朝は基本このセットでした。

昼は
DSC_1032.jpg
汚い机が出ておりますが、カロリーメイトです。一箱に4本入っており、2本/回です。10個買うと、20日分の昼飯です。
コレを食べてすばやく水を飲むと、結構満腹感があるような錯覚を覚えます。結構カロリーメイトは糖質があるのですが、
コンビニ飯になってしまうと、結構高くつく上、ついつい余計なものまで食べてしまうので定量を決めてしまいました。

夜は
img_534[1] karaage[1]
yjimage5JEPZ8PA.jpg
冷しゃぶはよく食べてます。肉はオッケー 油もオッケーなのでそのルールを最大限につかっていますが、ごはん様の誘惑が
凄いです。ご飯の分これらを食べるので、カロリーとしては相当なものだと思います。 カレーなどごはんが無いと成立しない
ものは、白米の替わりにこんにゃく(お米大にカットしてある)と納豆を入れて食べました。
晩酌は土日以外は止めました。

0216_4[1]
昼間にかなりごついものを食べてしまった場合は、その夜はフルーツの味がする粉末を水に混ぜて飲むタイプの、DHC様
から出ているのを飲んで、水をいっぱい飲んで寝ます。これも糖分はあるのですが、いかに腹が膨れた感覚になるかを
研究しているものなので、そこを見込んでいます。

夜食
110922_01_01[1]
チーズ関連は糖質 炭水化物が無いので、夕飯後なにか食べたいなあと思ったときはコレを食べています。
ストリングチーズ様はダイエット前でも食べていたので、おいしく頂いております。

正直DHCのは毎日は絶対出来ないです。家にあるものは、義姉からいただいたものと、かつて購入したものの残りです。
昼間の暴挙を犯してしまった自分を戒めるために泣きながら飲んでいます。
一日一食をDHCに置き換える事が出来る人は、自己管理のキチンとできる相当ストイックな人だと思います。
そんな人はそもそもダイエットと縁が無い人だと思いますよ。

プロフィール

株式会社 コモンイースト

株式会社コモンイースト


神奈川県相模原市にあるプリント基板の表面処理の会社です。
新着情報から社内行事まで様々な情報を掲載いたします。

ホームページはこちら

〒252-0212
相模原市中央区宮下3-2-19
TEL: 042-774-6171
FAX: 042-774-6110

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。